« Windows Vista BusinessはBusinessに向かない | メイン | 新旧折衷:WindowsXPでメイリオフォントを使う »

SyncMyCal

SyncMyCalを本格的に導入したので、紹介記事を訂正。(初版070504 第二版070627)

先日の記事でGoogleカレンダーとアウトルックを同期させる方法について記述した。
そちらでは、gSyncitをおすすめしたが、自分で使ってみて、複数台で使用すると、正確にシンクロナイズされず、同じ件名の予定が際限なく複製されるという不具合が生じた。

複数台のPCでシンクロするのがそもそもの目的であった私は、断念せざるを得ず。
そこで、シェアウェアだが、SyncMyCalを購入してみた。

最初、日本語の特定の文字が消される、というとんでもない問題が生じていたが、交渉したら治してくれた。その点、サポートもかなり信用できる、といえるであろう。
*:無料版有料版($25)共に使える機能
@:有料版のみ使用できる機能
* OutlookとGoogleカレンダーを同期する
* 複数のOutlookとの同期
* 繰り返しイベントの同期
* イベント数の制限なし
* 複数のタイムゾーンへの対応
  @ 一週間を超える予定の同期
  @ 自動同期(私は15分おきに同期するようにしてある)

というわけで、gsyncitで問題が生じた方はこちらをどうぞ。
インストール方法(フリー版をインストール。購入後に機能限定を解除できる)

1. http://www.syncmycal.com/を開き、
Free Downloadを開く。
syncmycal1.JPG

2.licensing terms and conditionsを熟読し(建前)、
 |概要だけ記すと、以下の通り。
 |・ライセンス者以外は用いてはいけない
 |・ライセンスは1つだが、もう1つバックアップを持つことができる
 |・もしデータ飛ばしちゃっても保証しません
 |不安な人はちゃんと本文を読んでください。
I accept the licensing terms and conditionsにチェックを入れる。
ここをチェックすると、Downloadというボタンがクリック可能になる。
syncmycal2.JPG
3.使用しているOutlookのバージョンにあわせてDownloadをクリックすると、ダウンロードが始まる。
MS Outlook 2003と、Professionalの違いが日本ではわからないが、Professionalの方で使用可能であった。初回は、左側のセットアップファイル丸ごとをダウンロードする。これによって必要なファイルがすべてインストールされる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kawauso800.com/mt/mt-tb.cgi/11

この一覧は、次のエントリーを参照しています: SyncMyCal:

» Advanced W-ZERO3/[es] とGogleカレンダーを単体で同期する「POsync」 送信元 WEBディレクションやってます blog
今携帯はWillcomのAdvanced W-ZERO3/[es](アドバンスドゼロスリー、通称アドエス)を使っています。 DDIポケットが出始めた時の... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

amazon.co.jpで探す

楽天のおすすめ

About

2007年05月04日 21:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Windows Vista BusinessはBusinessに向かない」です。

次の投稿は「新旧折衷:WindowsXPでメイリオフォントを使う」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34